-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分けつのことなどについて

(追肥、分施法などで人為的に窒素肥効のコントロールをしない場合)
稲は活着後一葉展開ごとに分けつを出していく。
生育転換期の出穂45日前と、穂首分化期ごろ葉色を落とし、それに伴い分けつの勢いは衰え同伸葉同伸分けつの法則通りに分げつは出なくなる、とみています。
葉齢でいうと、9葉期くらいから勢いが穏やかになり、11葉期以降は分けつもほとんど出なくなるとみています。
一本の茎は、7.5葉から分けつが始まったとして、少ないときは3本。
5.5葉から分けつして、同伸葉同伸分けつの法則通りに進んでも13本となるが、そんなことはほとんどないようです。
二次分けつもほとんど出ないように見えます。
多い場合で8本くらいか、でも5本くらいが普通の気がします。
試しに栽植密度を薄くしても、増え方はそれほど変わりませんでした。
(ただし、その場合、穂は大きく着粒も多くて粒も大きかったが、茎数不足を補うほどではない。)
平均4本くらいにしか増えないとみて、栽植密度を決めています。
一坪当り、1100本くらい茎がとれればよいかなーと思っています。
以上は、今のところ現在の自分の観察と考えです。
来年の今頃にはまた変わっているかもしれません。

Comment

非公開コメント

プロフィール

木崎湖Y

Author:木崎湖Y
信州の木崎湖畔で農業を営んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お天気
ただいまの時刻
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。