-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲の収穫について。

201409151.gif

すみません。

非常に長らく、ブログの更新を怠っておりました。

「そろそろ収穫の時期だが、今年はどうなのだ?」というお問い合わせを多数いただきました。
たくさんの方から、御心配もいただきました。
ありがとうございました。

稲刈りはおそらく今月25日過ぎに始めます。
その後天日に干して、10月20日過ぎくらいにはお米のお届ができるようになるかと思います。

201409152.gif

稲の作柄はちょっと心配です。
というのは何しろ寒いです。

気象庁の過去の気象データがあるのですが、こんなに寒い年は本当に稀です。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_a1.php?prec_no=48&block_no=0399&year=2014&month=9&day=&view=

平成5年の冷害の時より寒いです。
大町市は北海道の帯広あたりとほとんど同じ気温です。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=20&block_no=47417&year=2014&month=9&day=&view=
今月の最低気温は帯広より低いです。

そんなわけで実るのがとってもゆっくりです。
だいじょうぶかなー。

201409153.gif

生育過程はいたって順調だったと思います。
細身で受光体制のよい姿のイネに仕上がりました。
雑草も丁寧に取り除き、農薬を使った田んぼにまったく見劣りするものではない田んぼとなったと思います。

お盆以降の長雨で、例年より少し病気は増えたか?
ただ、健康に育っているのでたいして広がってはいないです。

ただただ、寒いことが気がかりです。
今年は夏がなかったなー。

201409154.gif

夢中で稲と取り組んできましたが、今年もたくさん勉強しました。
今まで本で読んでて、不思議だったいくつかの謎も解けた気がします。

とくに今年は古い(特に江戸時代の)農業技術について勉強しましたが、たまたまこんな天気の年にそれらを読み込んで良かったです。

昔の人の技術はやはりすぐれていると僕は思います。

今年の経験と勉強したことを合わせてさらに良い、稲の見方を学ぶことができました。










Comment

非公開コメント

プロフィール

木崎湖Y

Author:木崎湖Y
信州の木崎湖畔で農業を営んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お天気
ただいまの時刻
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。