-

田んぼの雑草対策

稲を無農薬で作るときに、まず一番問題になるのは雑草の対策です。

雑草は生命力が強く、抜いても抜いても生えてきて稲の栄養を横取りしてしまいます。

雑草が繁茂すると、ほとんど稲が収穫できないこともあります。

それで、手での草取りもするのですが他にもいろいろな雑草対策をします。

主に取り入れている方法は「米ぬか除草」というもの、それから「深水栽培」、そして「合鴨農法」です。

1106014.gif

そんなわけで田植え直後に田んぼに米ぬかをまきました。
田んぼの表面が白くなっているのは米ぬかの油です。

1106011.gif

それから合鴨の雛たちもやってきました。
とってもかわいいやつらなのですが、結構頼りになります。

1106012.gif

一週間ほど家の前で飼ってすこし大きくしてから田んぼに放します。
生まれてしばらくの間は雛たちも弱いので、しっかりと健康管理をしてあげます。

かわいいのでついつい仕事の合間にも彼らを眺めて時間が過ぎてしまいます。

1106013.gif

Comment

No title

合鴨ちゃんたち、もうかわいすぎます!

Re: No title

Fuchurさん、こんにちは。
いや、ほんとにかわいいものです。
特に小さい頃のヒナははなぜかこっちをすごく見つめるんですが、それがかわいいです。
手からえさを食べるとき、くすぐったいんですがそんなのもかわいいです。
けど、感情移入しないようにしないといけません。
秋には食べちゃうので。。。。


No title

私も無農薬でお米を作っているのですが、
今の時期は雑草との戦いですね。
しかし、合鴨・・・かわいいですね。

Re: No title

shodanara さん、はじめまして。
貴ブログも拝見させていただきました。
とっても素敵な雰囲気ですね。
無肥料ということなのでお勧めはできないかもしれないのですが合鴨は良いですよ!!
かわいいし、とっても頼りになります。
ぼくは合鴨農法の導入で初めて人並み以上の結果を出せるようになりました。
いまは2枚くらいの田んぼで導入しています。
また情報交換などできたらよいですね。
無肥料栽培での生育過程なども大変興味あります。

非公開コメント

プロフィール

木崎湖Y

Author:木崎湖Y
信州の木崎湖畔で農業を営んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お天気
ただいまの時刻
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム