-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の訪れとともに

また暖かくなり、積もっていた雪があっという間に融けた木崎湖畔です。

0314.jpg

週末はふたつの集まりがあり、参加しました。
春の訪れとともに人と会ったり連絡をとったり、活動をすることが多くなってきました。

12日は"田んぼサミットin美麻"。
この界隈で無農薬で稲作りをしている田んぼオタクな仲間が集まりました。
家族連れで30から40名くらい集まったでしょうか。
秋の集まりに続いて2回目で、みんな今年こそもっといい米作りがしたい、という強い思いが共通しています。

種まき、育苗からすべての過程を無農薬でやる人は少ないので貴重な情報交換会になります。

昨年の稲作りをどのようにして行っていったか、一人ひとりが詳しく説明し、みなさん熱心にメモをとっていました。
みんな試行錯誤しているので現在の既存農家がやらないようなこともやっていてとても参考になります。

個性派メンバーでとっても楽しく充実した会議となりました。

13日は"能楽に親しむ会"に参加させていただきました。
民宿"あたらしや"さんの古民家で開催されました。

お一人の方だけで謡いながらお能を舞ってくださったのですが、美しい身のこなしや、響いてくる歌声はとても迫力があり惹きつけられました。

03143.jpg

古民家で天井が高くお声がよく響きました。近い位置で見ることができてとてもよかったです。
お一人だけの歌と舞でこんなに惹きつけられるなんてすばらしいですね。

個人的なことですが、このような歌声を身近に聴くのははじめてではありませんでした。
亡き父が趣味で謡をやっていたので子供の頃から身近に何気なく耳にしていたのです。
それでも最近は父がそんな趣味を持っていたことも忘れていて、今回のお能で久しぶりにこのような歌を聴いて、とても懐かしく、ぞくぞくっとしました。

そしてあらためてお能はすばらしい日本文化だと思いました。
これからももっとふれてみたいです。

すばらしい舞を見せてくださってありがとうございました。
そしてこのような企画にお招きいただいてありがとうございました。

Comment

能楽

”能楽を楽しむ会”があるのですか、羨ましいですね。
僕も能楽は好きなので機会があれば観賞しています。
お写真の方は能面をしていないし、能扇の絵柄もよく分からないのでどの種類の曲目か不明なのが気になりました。

尚、偶然にも今月の僕のHPは能に関するものでした。この能楽の典拠は平家物語で、平宗盛が京都の清水寺で花見をしているストーリーです。

Re: 能楽

さきたま古墳人さん
今回はお友達を介して身近なところで演じて頂いたので、このようなスタイルで物語や舞い方を合間で説明していただきながら進めていただきました。(写真はお話していただいているところです。)

昔、国語の授業で教わった平敦盛のお話も曲目にあり、嬉しかったです。
非公開コメント

プロフィール

木崎湖Y

Author:木崎湖Y
信州の木崎湖畔で農業を営んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お天気
ただいまの時刻
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。