-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲刈りが終って

今年も本当にたくさんの皆さんのおかげで稲刈りを順調に終えることが出来ました。

僕は人に比べて稲つくりに大変な手間をかけています。
勿論それは僕自身が好きだからということもあります。

しかし、一人でこれだけのことは出来ません。
皆さんのおかげでここまで手のかかった稲つくりが出来るのです。

僕の田んぼの稲のできやお米の実りは皆さんとの共同の仕事の結果です。

1013.jpg

稲刈りが終ると例年はなんだか少し淋しいような気持ちになります。
楽しかった稲つくりが終ってしまったなぁという淋しさです。

でも今年はなんだか違います。

天候不順の影響もありどうも思うような田んぼつくりが出来なかった。

そのときそのときやるべきことと思ったことはは全てやりました。
本当に、今年は田んぼに手をかけました。
しかしそのことと結果は別です。

また、このような年でもきちんと結果のよかった田んぼも何枚もあります。
一部の田んぼの結果の悪かったのは気候のせいばかりではない。
自分自身の技術不足です。
もっと出来ることがあったということです。

10132.jpg

そんなわけでいまは毎晩来年に向けて稲つくりの勉強、計画をしています。
今年の問題点を洗い直して、来年以降もっと良いものを育てていくために、今年の失敗を糧にしていこうと思います。

そんなわけで、終ったー!!、という達成感が少し足りないのではないかと思っています。
つまり、まだ終っていないというか。。。

10133.jpg

Comment

No title

こんにちは ご無沙汰しています。
今年の手応えはどうだったんでしょうか?
私の所はご多分にもれず、採れませんでした。7.5俵平均
まぁ、手抜き手抜きの稲作りではこんなモンでしょう。
野菜もぼちぼちですが、やはり手が回らず、良い物は少ないです。
まだ、秋は終わりません、もう少しがんばります。
では、また。

Re: No title

松川のタヌキ さんこんにちは。ご無沙汰しております。
今年は僕も平均すると3割減といった感じです。(まだ脱穀しないとわかりませんがはぜ棒の数から判断するとです。)
周囲も2割から2.5割落ちたということですが、僕の田でもきちんと例年並みに取れた田もあるのでやはり努力不足だったと思い、今は大変悔しいです。
無農薬栽培の経営は周囲の理解が必要です。
その理解を得るにはあらゆる結果の面において人並み以上でなければいけません。
(特に僕のようによそから来たものは。)
今年は今までの積み上げたものが振り出しに戻ってしまったようで大変悔しいです。
そんなわけで今は猛烈に反省するとともに来年のことで頭が一杯です。
またいろいろ情報交換などして勉強していきましょうね。
どうぞよろしくお願いいたします。
非公開コメント

プロフィール

木崎湖Y

Author:木崎湖Y
信州の木崎湖畔で農業を営んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お天気
ただいまの時刻
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。