-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の稲つくりにおける失敗(その3)

今年一番失敗した田んぼは不耕起栽培を試験的に行なった田んぼです。

0914.jpg

何が一番の失敗か、と言うと、この田んぼが一番お米の収量が低いでしょう。

また、思い入れは大変強かったので、他のどの田んぼよりも、倍以上の手間をかけて取り組みました。
たくさんの友達の力も借りました。

その割には結果としては収量は最悪です。
つまり経済効率の大変悪かった田んぼと言えます。
経営的には大変な大失敗です。

ただ、解ったこともたくさんありました。
将来的には糧とはなるでしょう。

不耕起栽培は初期成育が少し悪いです。土を耕さないため表土が堅いです。
そのために稲が根を張るのが少し遅いのではないかと思います。

元々ぼくは、「への字農法」や「深水農法」で初期成育を意図的に抑えます。
そこに不耕起栽培の初期成育の抑制が重なり、更に今の夏はいつまでも気温が上がらなかったことで稲の初中期成育は大変悪かったです。
いろんな要因が重なってしまいました。

それが失敗の原因だったのではないか、と思っています。

不健康な稲ではないので味はよいのではないかと思います。

Comment

非公開コメント

プロフィール

木崎湖Y

Author:木崎湖Y
信州の木崎湖畔で農業を営んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お天気
ただいまの時刻
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。