-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しい!!

0805.jpg

今年は天候不順により稲の生育はあまり思わしくありません。
また、様々な試みを同時に行なったために田んぼによって生育にムラがあり反省しております。
しかしながら、無農薬有機栽培の稲にしてはそれなりに人から褒められそうな田んぼとはなっていました。

ところが。。。。

今朝、田んぼの作業をしているときになんとなく異常に気がつきました。
田んぼの稲がところどころへんな倒れ方をしています。

08052.jpg


最初は昨晩に突風が吹いたのかと思いました。
しかしそれにしては何か変な倒れ方をしている。

また、ぼくの稲はめったな突風では倒れないです。
広く植えるので横に根が張るからです。
一晩にこんなに倒れること自体おかしい。

それと、作業をしているとなんとなく鼻がむずむずする。
まるで農薬か何かを撒いた後のような感じだ。
(僕は化学物質に比較的弱いのです。)

いやな予感がして農協に問い合わせました。

予感は的中しました。

今朝はやくに、ヘリコプターによる農薬の空中散布があったとのこと。
もしかしたら間違えてぼくの田んぼにも農薬を散布しているかもしれないとのこと。

もしかしても何も、状況を見れば明らかです。

08053.jpg

08054.jpg

無惨に稲が倒されている。
ヘリコプターが田んぼの上を超低空で飛び回ったのです。
普通は高いところから撒くのでこうはなりませんが、ぼくの田んぼの上だけはなぜか超低空で飛び回ったのでこんなふうになってしまったのです。
全部で七枚の田んぼの内、二枚ほどが被害に遭いました。

本当に悔しくて、それに気がついた後はご飯も食べれませんでした。

農薬を撒かれた事も悔しいし、ぼくの大事な田んぼを荒らされた事がこの上なく悲しく悔しいです。

ここまできれいな田んぼを無農薬で育て上げるのにどれだけの努力が必要だったか。
絶対に誰にもわからないと思います。
まして農協の人間になどわからない。

08056.jpg

農協の担当者が来て、話し合いました。
操縦者のミス(?)だったそうです。
間違えるにしても、アイガモのためのネットがはってあるのに、なんで気付かなかったのか。
怒りたかったのですが冷静に話をしました。

農薬を撒いてしまった田んぼについては、ある程度の保証をするということになりました。
その田んぼの米は農協が責任を持って買い取ることになりました。
僕もある程度泣き寝入りしなければいけない部分もあるのですが。。。。

お客様の皆さんにお届けするお米も随分と減ってしまいました。
ただですら足りないのに、そのことも悲しくて仕方がないです。




Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 ひどい話しですネ。怒り心頭に発します。無農薬有機栽培で大切に大切に育てている畑に、こともあろうに勝手に農薬を撒き、事の重大さを真に分かろうとしないJAの態度は許せません。彼らは『無農薬・有機栽培』を馬鹿にするだけでなく敵視さえしているのです。故意にやったのではないかと疑いたくなります。
 これまでの努力が水泡に帰すという面と共に、一貫した方針が傷つけられたと言うことの悔しさはいかばかりかと思います。
 

Re: No title

ご心配、本当にありがとうございます。
大変残念で悔しいのですが、起きてしまった事として、次のことを考えていかなければいけないのだろうと自分に言い聞かせています。
今回特に思ったのはこういったときに応援してくださる仲間のありがたさです。
やはりぼくは自分の経営における利益のみならず、多くのお客様や仲間のために利益となるような経営の形を目指さなければ行けないと強く思いました。
また、今回のようなことが起こりにくい農村のあり方も考えて行きたいと思いました。
いろんなお話しを共にしていきましょう。

九日はよろしくお願いいたしますね。

非道過ぎる

農協って食と農家を守るんじゃなかったの?。
ラジコンヘリって資格が無いと出来ない技能
だし、農業に関連した人間が行っているハズ
なのに、アイガモ農法の猛禽類避けの糸の
張った田んぼの意味を知らないハズが・・・。

 故意と云われてもむしろ、当然の悪行。
こんな愚考をしている人間には必ず罰が
当たりますからね。

 桔梗はこれからも、いやこれ以上にYさんと
木崎湖を応援します。Yさん、ガンバ!。

農協は天誅もの

無農薬農法がどれだけ大変なのかやった者でないとわかりません。昔は農薬など無かったので病害虫の被害によくあいました。
そのために品種改良したり野菜は接木などで対応してきたのです。
陸稲でしたがイモチ病で大変な時がありその年は種籾に使いませんでした。又、西瓜は最初、南瓜に接木しましたがそのうち夕顔に変えました。家族総出で何百本も接木しました。農家はそうやって努力して来ました。
農協にお願いしたいのは今回の事故原因の追究と再発防止を徹底的に行って欲しいことです。農薬は単に作物のみならず田んぼに暮す生き物までも犠牲にしてしまいます。
農協の皆さんもこのブログを是非見て欲しいと思います。

Re: 非道過ぎる

桔梗さん、いつもありがとうございます。また、このたびは親身に心配頂いてありがとうございました。
二日たって、ようやく、これからどうすべきか、という姿勢で考えれるようになって来ました。
倒れている稲を見ると胸が痛みますが、更に根を張って立ち直ってくれることを願うのみです。
こういうことを経験することで今までより以上に、自分のことのみではなく、周囲とともに、仲間を作りながら、より良い地域やさらには社会のあり方のようなものを考えなければいけないのだろうという思いも抱きました。
みんなが楽しく、豊かな思いが出来るようなきっかけとしてぼくの田んぼがなれば良いし、単に稲作技術の向上のみならず、そんな考えも持ちながら稲作経営をしていきたいと思います。
僕自身も更に上を目指しますので今後ともどうぞよろしくお願いいたしますね。

Re: 農協は天誅もの

今回のことは事故ということであるので、僕自身もなるべく冷静に今後のことを考えるように努めています。
農薬自体は明らかにいけないものです。
しかし、農薬の散布は今の社会状況から見てまったく仕方のないことです。
なぜなら消費者が、社会が、それを求めているからです。
その消費者の要求を満たすには農薬の使用は不可欠となることは残念ながら本当です。
ぼくは今回のような事故に直接関わったことで今のあり方をより具体的に改善する方法を考えなければいけないと思いました。

No title

初めまして、松川村の住人です。
残留農薬が消えるまで3年かかる、と言われています。これまで培ってきたことが、不注意で済まされるものではありません。農協は"農協商事"と言われるように、今は農家の為でなくものを売りつける為にあります。
 私も兼業農家で、土日百姓です。田は7反ほどありますが、とても無農薬ではできないので「減農薬」と、こじつけています。なるべく農薬は使わないで・・・と思っていますがなかなかうまくできません。
でもいずれは(定年でリタイヤしたら・・)無農薬に挑戦したいと思っています。ヘリは松川でもやっています。私の所はオレンジの旗を立て、目印にしていますが、これもオペ次第ですね。
 すみません長くなりました。またコメントします。

Re: No title

松川のタヌキさま、こんにちは、はじめまして。
コメントをありがとうございます。
ぼくは今現在の社会において農薬の使用を否定するものではまったくありません。
むしろその様な事より、農業の存続自体が危ぶまれる社会においては農薬の使用も止むを得ないと思うのです。
松川のタヌキさんのようにご多忙ながらも、農地を守り、しかもより安全な米つくりを目指されている方に本当に頭が下がります。
松川や池田にも私の師匠や仲間がいて、毎年失敗を重ねながらもより安全な米つくりを目指して頑張っています。
自分は以前は大変孤独にこういったことに取り組んできたのですが、特に今回のようなことがあると仲間の存在はありがたく思います。
また、もし可能なら連絡など取り合っていろいろな情報交換などしながら毎年少しづつでも成長できたらありがたいです。
ぼくは木崎湖畔の稲尾というところで稲つくりをしております。
また通りかかりの際などにはぜひお声をおかけください。
またのコメントを楽しみにしております。
ありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

木崎湖Y

Author:木崎湖Y
信州の木崎湖畔で農業を営んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お天気
ただいまの時刻
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。