-

田んぼに米ぬかを撒く理由

いつまでも寒くて雪が降り続きます。

1103311.gif

さすがにこれだけ降ると田んぼの仕事もはかどりません。

先般の、米ぬかの記事の補足です。
ウチの田んぼの「肥料」はほとんど米ぬかのみです。
米ぬかは玄米から白米に精米したときに出るお米の外側の部分です。
精米の過程で粉砕されて粉の状態になっています。

ご存知の方も多いと思いますが玄米は大変栄養価の高い食品です。
その玄米の栄養価の大部分はお米の外側に集中しています。
その栄養たっぷりのお米の外側が粉になったものが米ぬかというわけですね。

これはイネにとってもとてもよい肥料になります。

窒素をはじめとしてリン酸やカリウムという植物の必要とする基本要素をバランスよく含んでいます。
それ以外にもたくさんのミネラルやビタミンを豊富に持っています。
それらの微量要素はお米の味をよくするといわれます。

また、米ぬかは田んぼに生きる生物たちにもよいエサとなります。
いっぱいの微生物が繁殖して田んぼの土を肥やしてくれます。

それらの微生物は米ぬかによる田んぼの除草にも大活躍します。

そんなわけで僕は田んぼの肥料には米ぬかを使います。

ただし、米ぬかはもともと肥料として作られたものではありません。
ですからそれがイネの肥料として作用するようにいろいろと工夫する必要があります。
そのあたりが技術といえば技術といえるかもしれません。

今後の田んぼの作業報告にあわせて米ぬかの使い方も少しずつ書いていきます。




プロフィール

木崎湖Y

Author:木崎湖Y
信州の木崎湖畔で農業を営んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お天気
ただいまの時刻
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム