-

2017年のお米作り・・・これまで③

2017100311.gif

8月15日に出穂した稲たち。穂が実り、垂れ始めてきました。

2017100312.gif

木崎湖畔の田んぼは黄金色に包まれています。

2017100313.gif

今年もたくさんの人に手伝ってもらって稲刈り。9月24日から始めました。

201710071.gif

一町二反(1.2ヘクタール)の田んぼすべてをはぜ掛けによる天日干しします。

201710072.gif

201710073.gif

すべてのはぜ掛けを終えて今は干した稲の束が乾くのを待っているところです。稲の束がなるべくムラなく乾くように架け替え作業をしています。新米が食べられるまであともう少しです。

とても楽しみです。

2017年のお米作り・・・これまで②

田植え直後の田んぼのようす。

201710036.gif

そして今年も元気で心強い合鴨の雛たちがやってきて。

201710037.gif

鴨たちに雑草や虫を食べてもらいつつ、手押しの除草機でひたすら除草の毎日。手取り除草も延々と続く夏の日々。

201710038.gif

どんどん成長、分けつし、根本が開帳してきて理想的な姿になりつつある稲。

201710039.gif

やがて青々とした田んぼに。毎日毎日が除草作業です。

2017100310.gif

2017年のお米作り・・・これまで①

一昨日、2017年の稲刈が終わりました。今は天日干ししている最中です。
ずっとブログを更新できていなくて申し訳ありません。
今年も春からずっと米作りに励んできました。
順を追って写真を並べたいと思います。

四月は苗床作りから。今年も露地での育苗です。

201710031.gif

そして4月17日に種まきしました。

201710032.gif

トラクターで田起こし。

201710034.gif

その間に蒔いた種はぐんぐん成長し、苗床は青々としてきます。

201710033.gif

無事に苗が成長し、5月12日から17日まで田植えしました。

201710035.gif

分けつのことなどについて

(追肥、分施法などで人為的に窒素肥効のコントロールをしない場合)
稲は活着後一葉展開ごとに分けつを出していく。
生育転換期の出穂45日前と、穂首分化期ごろ葉色を落とし、それに伴い分けつの勢いは衰え同伸葉同伸分けつの法則通りに分げつは出なくなる、とみています。
葉齢でいうと、9葉期くらいから勢いが穏やかになり、11葉期以降は分けつもほとんど出なくなるとみています。
一本の茎は、7.5葉から分けつが始まったとして、少ないときは3本。
5.5葉から分けつして、同伸葉同伸分けつの法則通りに進んでも13本となるが、そんなことはほとんどないようです。
二次分けつもほとんど出ないように見えます。
多い場合で8本くらいか、でも5本くらいが普通の気がします。
試しに栽植密度を薄くしても、増え方はそれほど変わりませんでした。
(ただし、その場合、穂は大きく着粒も多くて粒も大きかったが、茎数不足を補うほどではない。)
平均4本くらいにしか増えないとみて、栽植密度を決めています。
一坪当り、1100本くらい茎がとれればよいかなーと思っています。
以上は、今のところ現在の自分の観察と考えです。
来年の今頃にはまた変わっているかもしれません。

収穫が終わりました。

一週間ほど前になりますが脱穀作業が終わりました。
脱穀とは天日に干していた稲を、実の部分と藁の部分を分離して、実の部分を取り込む作業です。
つまり、収穫作業です。

今年は長雨と台風に泣かされましたが、多くの皆さんのおかげで無事、おえることができました。

今は大急ぎで発送作業をしています。

ありがたいことにお米も完売しました。
なんとか、また、あと一年稲つくりを続けることができそうです。

とてもうれしく、ホッとしています。

今、いろいろな周囲のことに感謝しています。
プロフィール

木崎湖Y

Author:木崎湖Y
信州の木崎湖畔で農業を営んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お天気
ただいまの時刻
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム